カメラマン人生、いつかは報われるさ!


by c0pxqtokkk

弁護側の精神鑑定申請を却下=小1女児殺害差し戻し審−広島高裁(時事通信)

 広島市で2005年、小学1年木下あいりちゃん=当時(7)=を殺害したとして殺人罪などに問われたペルー人、ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(38)の差し戻し控訴審で、広島高裁(竹田隆裁判長)は14日までに、弁護側請求による同被告の精神鑑定を却下する決定をした。弁護人が明らかにした。
 8日に開かれた差し戻し控訴審の第1回公判で、弁護側は精神鑑定と情状鑑定を行うよう申請したが、採否は留保されていた。今回の決定で、6月1日の次回公判で結審する見通しとなった。 

【関連ニュース】
弁護側請求の精神鑑定留保=ペルー人被告の差し戻し審開始
対日関係にらみ執行通告か=ギョーザ事件検挙直後
乳児殺害、母を不起訴=心神喪失と判断
逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張

<山崎直子宇宙飛行士>和服で手巻きすし 宇宙から日本文化(毎日新聞)
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も−兵庫県立大(時事通信)
雑記帳 都心から最も近い「潮干狩り」始まる(毎日新聞)
菅家さんの選挙権回復(産経新聞)
元最高裁判事の理事長、借用1500万を返済(読売新聞)
[PR]
by c0pxqtokkk | 2010-04-20 02:43